渋やん

渋やん
何故か渋やん。

何故だか渋やん。

初作品はどうしても置いてけないんです。